自宅で固定回線の代わりにWiMAXルーターを常時接続してみました

WiMAXルーターを常時接続するまでの経緯

常時接続

我が家ではフレッツ光をメイン回線として使い。パソコンは有線で、スマホは無線と言った具合に使い分けをしていました。ただ、間取りの関係で無線ランが届きにくい部屋があって、たまに接続状況が悪くなったりと不便な環境でした。

 

そこで試しに外用で使っていたWiMAXルーターを接続状況の悪い部屋で使ってみたところ、フレッツ光よりも安定してストレスなく使えることが分かったので、今では電波の届きにくい寝室ではWiMAXルーターをメインで使っています。結果として、かなり快適にネットを使える様になったので、検討している方のためにWiMAXルーターの常時接続についてお伝えします。

WiMAXルーターの常時接続の際に覚えておきたいこと

覚えておきたいこと

まず、固定回線の代わりにWiMAXルーターを常時接続する場合、電源アダプターかUSBケーブルで電力を供給してもらう必要があるためどちらかを準備する必要があります。USBケーブルならWiMAXルーターを購入したときに付属品としてついてきますが、アダプターは別売りなので購入する必要がありますね。
個人的なオススメとしてはアダプターに繋いでおくのが良いと思います。USBの場合、パソコンなどの電源をずっと入れっぱなしにする必要がありますし、USBケーブルがかさばって邪魔になるからです。この辺は環境によってどちらが良いのか異なってくると思いますので状況に合わせて選んでみて下さい。

 

WiMAXルーターを一度コンセントに繋いでおけば、電池が切れることはないですし、常にネットに接続されている状態になるので固定回線の無線ランと全く同じ使い方ができ便利です。常時接続した場合、WiMAXルーターの液晶画面は真っ暗になりますが、接続はされているので特に確認などもする必要はないですね。

 

もし、見た目をすっきりさせたいのであれば、別売りになりますがクレードルというWiMAXルーターを立てておくことができる土台を購入すると良いでしょう。クレードルを使えば固定回線のルーターの様に見栄えも良くなります。
私の様に固定回線の無線ランが別の部屋では使いにくい方は、このやり方でストレスなくインターネットを楽しむことができるのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

最後に一点だけ注意点をお伝えします。自宅の固定回線で無線ランを使っている場合、別の部屋にWiMAXルーターを常時接続していても自動的に回線は切り替わりません。WiMAXルーターを置いてある部屋でその回線を使うのであれば、WiFi設定で回線を切り替える必要があります。ちょっと面倒ですが、この作業をしないと固定回線の無線ランを使い続けてしまうことになるので覚えておきましょう。

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら