白ロムを購入するときの注意点

白ロム、赤ロム、黒ロム、灰ロム

白ロム、赤ロム、黒ロム、灰ロム

中古で安くスマホを購入したいなら、白ロムの購入がオススメです。最近は格安スマホなどの影響で、白ロムという言葉を耳にする機会も増えたような気がします。

 

しかし白ロムに似た言葉でも赤ロムや黒ロムや灰ロムなどもあるので、しっかりそれぞれの言葉の意味を確認しておきましょう。

 

・白ロム
携帯電話回線の契約情報(電話番号)を端末に直接書き込む方式の機種で、契約者の情報がなにも入っていない真っ白な状態のことを言います。その名の通り白なわけです。

 

SIMカードを挿せばすぐに使える(電話や通信が)状態になる端末の事ですね。ちなみにSIMカードとは契約情報が記載されている手の爪ぐらいの大きさのチップです。

 

SIMカードにより端末が電話番号を認識したり、契約情報に沿った電波を感知して、使えるようになるわけです。SIMカードを差しても使えない端末もあり、それは赤ロム、灰ロムと呼ばれます。

 

・赤ロム
赤ロムというのは機種のローン(分割払い)が滞ってしまい、キャリアにより利用制限(ロック)が掛けられた端末の事を言います。白ロムとして購入した何ヵ月後かに急に赤ロムになることがあるので注意が必要です。

 

例えば、iPhoneの分割払いの支払いが5ヵ月残っているとします。それを解約する場合、解約する際に一括で支払うのか、端末の代金だけ5ヵ月かけて支払っていくのか選ぶことができます。

 

解約してからも分割での支払いを継続していく方を選んだ後で業者に販売した場合、ローンは残っているのに別の人の元に機種が渡ってしまいます。残りも問題なく支払っていけばいいわけですが、ローンの支払いが滞った場合、端末を購入した人が急に使えなくなって困るわけです。

 

・黒ロム
端末内のメモリに直接契約者情報(電話番号)が書き込まれていており、回線契約が結ばれていて利用可能な状態の端末が黒ロムです。

 

スマホの場合は携帯ショップで契約して、SIMカードを挿して利用している状態の端末が黒ロムと呼ばれています。いわゆる普通のスマホですね。

 

・灰ロム
かなり珍しい状態のロムのことを言います。灰ロムとは紛失や盗難で端末に契約情報が残ったまま解約された端末の事です。

 

灰ロムの特徴は電波は受信するが通信はできません。犯罪に絡むこともあるので、強制的に使えなくなります。

 

スマホ時代になってSIMカードの出し入れが簡単にできるようになってからは、灰ロムで市場に出回るより、白ロム赤ロムとして出回るるようになりました。ですので基本的に灰ロムとして売られていることはありません。

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら