白ロムが壊れたときの対処法

中古で購入した白ロムが壊れてしまった

中古で購入した白ロムが壊れてしまった

中古で白ロムを購入し、SIMカードを挿して使っていたら、ある日突然故障してしまった。購入した直後なら購入したところに粗悪品を掴まされた可能性がありますが、しばらく使った後だとその可能性は低いです。

 

そうなったとき迷ってしまうのが、壊れたときの対処法ですよね。自分でなんとかできるレベルの故障なら、基本的には白ロムであっても、そうでなくとも対処法は同じです。

 

ただ、修理に出すほどの故障の場合は、いろいろなパターンが考えられます。

 

・iPhoneの白ロム端末の場合
iPhoneの白ロムであれば、比較的簡単にどこでも修理してもらえるでしょう。そもそも各キャリアでの修理は受け付けていないので、Appleの公式か一般の修理業者に依頼するしかありません。正式なルートで購入したiPhone端末であれば、公式でも修理してくれますがオプション等には入っていないので修理代金は高額となります。

 

近くにiPhone修理業者があればそちらに頼んでもやってもらえます。この場合価格は安いです。iPhoneの場合は白ロムであってもそうでなくとも変わりはありません。

 

・大手キャリアの白ロム端末
ソフトバンク・au・docomoなど、大手キャリアの白ロムを購入して使っている場合、SIMカードの種類によって対応が異なります。まず、中古で購入した白ロムを該当するキャリアのSIMカードで使っている場合(単純に機種変更のために白ロムを購入した際など)は各キャリアのサポートが受けられますので窓口や、サポートセンターに連絡してみてください。

 

一方で、白ロム端末に「格安SIM」を差し込んで使っている場合、キャリアのサポートは受けられませんので窓口に持って行っても対応してくれない場合がほとんどです。メーカーが発表している端末の不具合などは、無償修理してくれる可能性もありますが基本的には全て実費での修理になるので、修理費用は高額になります。

 

格安SIMを挿している白ロムが壊れた場合、キャリアの窓口ではなく、スマホメーカーの窓口か、もしくは修理したいスマホの修理に対応しているスマホの修理業者を探してみましょう。

白ロム端末の修理相場

中古で購入した白ロムが壊れてしまった

メーカーに直接依頼する修理の場合、費用は全額負担となり中古で端末を購入するのと変わらないくらいの金額がかかってしまう可能性が高いです。白ロムの場合、格安SIMを使っていてもMVNOと呼ばれる通信事業者の保証に入っていないのでかなり高額となるようですね。端末によって相場は変化してきますが3万円から4万円程度かかる機種も多いです。よほどレアなスマホでない場合は壊れたら新しく買った方がお得かもしれませんね。

 

一方、一般の修理業者に依頼する場合、値段はピン切りで、どういう壊れ方をしたかにもよります。つまり、相場はとくにないので、自分の家の近くの修理業者を探してみるのが手っ取り早いです。メーカーの公式修理よりは安く済みますが、それなりにはお金がかかりますので、こちらも新しく購入した方がいい場合もあります。

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら