ポケットWiFiのSSIDを変更して見た人を笑わせる方法

SSIDというのは、ポケットWiFiに固有に設定されている名前のことで、初期設定ではポケットWiFiということがバレバレなセキュリティ的にも問題のある英数字に自動で設定されています。

 

笑わせるということを考えなくても、変更する意味はあるのでやってみることをオススメします。

SSIDを変更する方法

SSIDの変更

まずSSIDを変更するには、各種ポケットWiFiの管理画面にアクセスします。
パソコンから設定するのが一番楽なので、パソコンを持っている人はパソコンのブラウザからアクセスするようにしましょう。

 

管理画面が表示されたら、基本設定の項目からSSIDの欄を変更するだけです。
ポケットWiFiの種類によって多少の違いはありますが、基本的にはブラウザで管理画面を開いて変更するという部分は変わらないので覚えておきましょう。

 

本来SSIDは英数字で構成されているもので、日本語の入力は推奨されていません。ですので、見た人を笑わせたいという目的がない人は、自分で決めた任意の英数字で十分です。

 

もし日本語にする場合でも、10文字以下にすることを推奨します。文字数が多すぎると思わぬバグが発生することがあります。

 

定期的に変更してもいいですし、一度変えてそのまんまでも大丈夫です。
ただ、初期設定のままではセキュリティ面で心配ですので、特に目的がなくても一度は変更しておくと安心ですね。

笑いがとれるのは主に電車の中

電車の中で笑いをとれる

SSIDは自分以外の人に見られる可能性のあるものです。多くの人が集まる場所ほど、笑いがとれる可能性が高まります。
いろんな人に見せたいのであれば、多くの人が集まる電車の中や、イベント会場などがいいでしょう。

 

ためしに、満員電車の中でiPhoneを開いてWiFiを拾う画面にしてみて下さい。
もしかしたら既に面白い名前を付けている人がいるかもしれませんね。iPhoneに限らずWiFiを拾う端末で、WiFiにアクセスしようとする場合、必ずこの画面にいかなければいけません。

 

面白い名前を付けると見た人がクスッと笑ってくれるでしょう。
ツイッターなどでも面白いポケットWiFiの名前が、話題にあがることもあるようです。

 

そこで、いくつか面白い名前を紹介します。

  • 避けるチーズ
  • 鯖の味噌煮
  • 風林火山
  • 鼻毛見えてますよ!
  • 応仁のLAN
  • 大塩平八郎のLAN

 

といった感じです。乱とLANをかけるのはなかなかセンスがいいですよね。

 

機能面では全く意味のない行為ですが、セキュリティ対策とネタの両方に使えるので是非試してみて下さい。
あなたのSSIDがSNSで話題にあがるかもしれませんよ。

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら