ポケットWiFiでVPN接続は可能なのか?

ポケットWiFiでVPN接続は不可能

最初に結論からお伝えしますが、「ポケットWiFiでVPN接続することは不可能」です。

理由は後述します。

まずVPN接続とはなんなのかというお話しですが、バーチャル・プライベート・ネットワークの略で、企業などが安全にパソコン同士を繋ぐための手段になっています。

とくに情報の流出などが問題になっている近年では、IT企業、大企業は支社とのやりとりのために利用していることが多いです。

VPNのバーチャルは仮想という意味で、プライベート・ネットワークはLANという位置付けになります。
LANは会社なら社内LANのことを言います。

ですのでVPNは、「仮想LAN」という意味になります。

同じ場所で同じ回線で結ばれているときにVPNを使う必要はありません。必要になるのは、本社と支社を結ぶとき、本社と提携会社でネットワークを共有したいときなどに利用します。

クラウドサービスが発達している近年では、VPNを利用している企業も少なくなってきているようですが、セキュリティの観点ではこちらの方が当然上になります。

通常の方法としては、VPN専用のルーターを使い LANをつなぎます。

VPNを導入すると 東京と名古屋の社内LANを統合して ひとつのネットワークにすることができます。

もちろん設定は必要になりますが、VPN専用のルーターを使ってLANを構築すれば比較的簡単に設定は可能です。

VPNを導入すると、LANを合体させてひとつのネットワークにすることができます。

パソコン間でのファイルやデータのやり取りということになるでしょう。業務上の機密ファイルを安全に会社間でやり取りする際などに使われます。

ポケットWiFiでVPN接続がしたい

前述のとおり、ポケットWiFiでVPN接続をするのはほとんど無理に近いです。

社員用にポケットWiFiを配っている会社などは、出先でポケットWiFiからアクセスできると非常に便利かとは思いますが、いろいろと問題があります。

まずセキュリティ面です。セキュリティのことを考えたうえでVPN接続にしているのに、VPNよりもセキュリティの緩いポケットWiFiを外で使用するというのは本末転倒です。

次に、技術的な問題です。VPNは犯罪に使うことも可能なため、ポケットWiFiはそもそもVPNができなくなっています。
厳密にはVPNのクライアントは入っている機種が多いですが、任意のネットワークに接続するためにはVPNクライアントソフトやVPN装置が必要になります。

ですので技術的には不可能ではない、というレベルになります。かなり高度な技術が必要なうえに、できたとしても費用対効果の面とセキュリティ面を考えるとやる価値がありません。

VPN接続をせずに、普通にセキュリティの高いクラウドソフトなどでネットワークを構築したほうが便利なのです。どうしても接続したい場合でも、目的に合わせて別の方法を探っていくことが最善です。

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら