ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ|ポケットWiFi総合評価が高いBEST9

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむために、特別な設定が必要な場合があります。ただ、その設定は難しいものではありません。

 

また、最近ではWiMAX2+のようにポケットWiFi端末とクロームキャストをセットで販売するというキャンペーンもあるので、ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ際のトラブルも少なくなってきています。

 

ですが、ポケットWiFiの古い機種を利用するなど、状況によってはポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ際につまずいてしまう可能性もあり得ます。ここでは、そういった際の対処法についてご紹介します。

 

そもそも、クロームキャストとは?

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ|ポケットWiFi総合評価が高いBEST9

クロームキャストとは、グーグルが販売しているUSBタイプの小型機器であり、これを使うことによってテレビなどでYouTube動画を楽しむことができるようになります。
もちろん、クロームキャストとテレビだけがあってもYouTubeを見ることはできません。

 

あくまでクロームキャストはインターネットとテレビを結びつける役割を果たすのみなので、クロームキャストにインターネットからのデータ通信を提供する存在が必要です。

 

そのために便利なのがポケットWiFi。ポケットWiFiならクロームキャストと無線のWiFi接続でつながりますので、ネット上の動画データをポケットWiFiが受け取り、それをクロームキャストに送り、クロームキャストがテレビの画面に映像として映すという流れが実現できます。

 

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ際にエラーが出たら

もしもポケットWiFiの端末を利用していてクロームキャストに接続できないエラーに遭遇したのなら、ポケットWiFiの設定画面で「プライバシーセパレータ」という設定項目を「無効」もしくは「off」「オフ」に設定しましょう。

 

ポケットWiFi端末の内部でプライバシーセパレータが有効なままであれば、ポケットWiFiとクロームキャスト間のデータのやりとりが阻害されてしまいます。

 

設定自体は簡単ですので、もしもポケットWiFi経由のクロームキャストの利用で問題が発生したならば、プライバシーセパレータの設定変更が必要であることを思い出していただけたらと思います。

 

クロームキャストを楽しむために必要なネット環境

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ|ポケットWiFi総合評価が高いBEST9

 

動画を視聴するのに必要なネット通信速度はスマホサイズであれば1.5Mbps~3Mbps程度
一般的な42V型テレビサイズで考えると、5Mbps~6Mbps程度あれば十分にストレスなく視聴が可能です。
ただし、これはもちろん画質によっても異なってきます。

 

クロームキャストの場合、主な使用用途である『Youtube』を目安に必要通信速度を確認してみました。
Youtubeで推奨されている通信速度は以下のようになっています。

 

低画質:0.5Mbps以上
標準画質:3Mbps以上
HD画質:5Mbps以上(7Mbps以上を推奨)
4K画質:25Mbps以上

 

画質の調整は通信速度に応じて自動的に調整してくれます。
※画質調整は標準から高画質の範囲

 

画質にそこまでのこだわりのない方は比較的低速な環境下でも動画を楽しむことが可能です。
個人的にはテレビという大型なモニターであることを考えると、少なくとも標準画質以上は欲しいですね。

それを考慮しますと、ある程度ストレスなく快適な画質を楽しむのに必要な通信速度は7Mbps以上といったところでしょうか。
10Mbps以上もあればクロームキャストを十分に楽しむことができます。

 

ちなみにデータ通信量の目安は、

低画質:200Mbps/時
標準画質:1Gbps/時
HD画質:1Gbps/時

 

となっており、どのような動画通信サービスでも非常にデータ通信を行うことは覚えておく必要があります。
もしデータ通信制限がかかるポケットWiFiをお持ちの方は通信制限がないもので楽しむべきです。

 

「今月動画見すぎたから今日はクロームキャスト観るのはやめておこうかな・・・」

 

なんてストレスがかかってしまっては何の意味もありませんからね。

 

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しめるのか?

結論から言うと問題なく楽しむことができます。
ただし、ポケットWiFiの種類を選ぶ必要があります!
先ほどの話を簡単にまとめると、

・7Mbps以上安定して通信速度が出ること
・通信制限がかからないこと

この2点が非常に重要な点になってきます。

・7Mbps以上安定して通信速度が出ること

 

近年のポケットWiFiは非常に安定して高速な通信速度が出ます。
ポケットWiFiの販売会社で有名な「BroadWiMAX」で取り扱っている端末のスペックを確認してみると、

 

端末名
WX05・・・・ 最大440Mbps
W05・・・・・ 最大758Mbps

 

となっています。
皆さんも見てお分かりかと思いますが、
もちろんこんなスピードは出ません。最大値です。
ただ少なくとも「7Mbps以下ということはあり得ない」ということもお分かりになると思います。
※後ほど実測の写真を掲載します。

 

こうしたスペックを見ると、通信速度という点では全く問題ないことが分かります。

 

 

・通信制限がかからないこと

ポケットWiFiと切っては切り離せないのが通信制限です。

 

通信制限とは、あまりに膨大なデータ通信を行った際、回線をパンクさせないためにかかる制限で、
ありていに言ってしまうと通信制限がかけられるとネットスピードが「0.5Mbps~1Mbps」程度に制限されてしまいます。
このようなスピードでは動画を楽しむことはほぼ不可能といえますね。

 

スマホをたくさん使う方も、一度はこの通信制限に悩まされたのではないでしょうか。

 

 

ポケットWiFiには「LTE」と「WiMAX」という通信規格があります。
それぞれの通信規格における違いは色々あるのですが、この通信制限に関していえば「WiMAX」ではすべての会社で月間の通信制限を設けていません。
逆に「LTE」では月間の通信制限を設けている会社があります。

 

このことから、WiMAXであれば問題なくクロームキャストを快適な環境下で楽しむことができる!と断言できます。

 

WiMAXの通信速度は7Gbps以上で、かつ安定しているのか?

さて、ここまでWiMAXがクロームキャストを楽しむために非常に有用であることは説明できたかと思います。
しかし「本当にWiMAXは通信速度に問題はないのか?」と疑問に持たれる方も多いでしょう。

 

そこで私が実際にWiMAXを契約して室内における通信速度を計測してみました。

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ|ポケットWiFi総合評価が高いBEST9

壁際にて
下り 37.8Mbps

ポケットWiFiでクロームキャストを楽しむ|ポケットWiFi総合評価が高いBEST9

卓上にて
下り 33.4Mbps

 

計測端末はW05。iPhone/iPadでそれぞれ計測してみました。
ご覧の通り30Mbps超えと、7Mbpsをはるかに超えるスピードを出しています!

 

 

これだけのスピードが出て月間の通信制限はありません!
WiMAXが非常に優秀であることがお分かりになったでしょうか。

ポケットWiFiはBroadWiMAXがおすすめ!

一口にWiMAXといっても、WiMAXは色々な会社が色々な名前で販売しており、その金額やキャンペーン内容などは様々です。
しかし優秀なポケットWiFiであるWiMAXを契約する窓口は、間違いなくBroadWiMAXがオススメです。

 

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら