ドコモ光ってホントにお得?ドコモ光の料金を詳しく解説!

フレッツ光の光回線を利用した高速インターネット「ドコモ光」は、お使いのドコモのスマホ料金とセットで割引となることで知られています。

またドコモ光は「プロバイダ料金一体型」と呼ばれ、インターネット料金とプロバイダ料金が合算されている料金体系となっています。

さらにご利用スタイルに合わせ、「ドコモ光電話」などの電話サービスや「ひかりTV」など映像サービスなどを合わせて契約することができます。

今回は、そんなドコモ光の料金を詳しく解説していきたいと思います。

ドコモ光の料金プランを詳しく解説

タイプAとタイプBの違いと料金について

ドコモ光の料金ですが、選択するプロバイダによって「タイプA」と「タイプB」の2種類があり、さらにマンション、戸建てによっても料金が変わってきます。

タイプAはインターネット回線料金とプロバイダ料金込みで、マンションは月額4,000円、戸建ては月額5,200円です。

タイプBはそれぞれ200円高くなりマンションは月額4,200円、戸建ては月額5,400円となります。またタイプAとタイプBの他にも、プロバイダ料金を除いた「単独タイプ」というものがマンションは月額3,800円、戸建ては月額5,000円で用意されているのですが、実際プロバイダを別途契約すると目安として1,000円程度はかかってくるので、特別な事情がない限りタイプAまたはタイプBでお申し込みした方が良いでしょう。

 

タイプAとタイプBも速度が大きく変わるわけではないので、少しでも安いタイプAが最もお勧めです。

タイプAで提供されているプロバイダを選ぶようにしましょう。

なおケーブルテレビの設備を使ってドコモが提供する光インターネットサービスである「タイプC」をご利用の場合も、タイプAとまったく同じ料金プランでご利用可能です。

 

戸建て限定で用意されている「ドコモ光ミニ」について

ちなみに戸建てについては「ドコモ光ミニ」というプランも用意されていて、こちらはあまり使わない月は安く、たくさん使う月は定額になる2段階定額サービスとなっています。

月額料金は基本料金(下限料金)2,700円、上限料金5,700円となっています。

ただしこちらもプロバイダ料金は含まれておらず、プロバイダを別途契約しなければならないので、本当にネットを使う機会が限られているという場合でないと選ぶメリットはなさそうです。

 

ドコモ光セット割でドコモのスマホ料金がお得に

最後に「ドコモ光セット割」についてです。

ドコモ光のインターネット料金と、お持ちのドコモのスマホ料金の支払いを一緒にまとめると、「ギガホ」「ギガライト」なら家族全員のスマホ月額料金が永年最大1,000円割引、「カケホーダイ&パケあえる」なら、スマホの月額料金が毎月100~3,500円割引となります。

 

※なお金額はすべて税抜きとなっています。

 

まとめ

以上ドコモ光の料金についてお話ししました。

皆さんがドコモ光を契約する際の参考にしていただけると幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら