ポケットWiFi データの繰り越しはできるのか?

ポケットWiFiの余ったデータ容量の繰り越し

繰り越しが可能

月に7GB制限があるポケットWiFiを使用している人は、余った分を次の月に繰り越したいと思うのが普通ですよね。ですが、ポケットWiFiの余ったデータ容量の繰り越しというのは基本的にはできません。
大手キャリアのスマートフォンを利用している方は、繰り越しできると思っている方は多いのではないでしょうか。docomo,au,softbankなど大手キャリアではスマホ契約時のプランのみデータ容量の繰り越しを認めているので、勘違いしている人が多いのです。
繰り越せないということは永遠に月に〇GBという制限は発生し続けるということです。絶対に制限にかかりたくないという人は節約しながら利用していくのが普通ですが、常に気にしながら利用するというのは嫌ですよね。

ポケットWiFiのデータ容量繰り越しの有無

繰り越しがあるかどうか

余ったデータ容量を繰り越せるかどうかは、

 

通信大手3社→できない
LTE系→できない
WiMAX系→できない
格安SIM利用→できる

 

といった形になっています。現在のところ基本的にどのポケットWiFiであっても認めていません。格安SIMを利用する以外には繰り越しは不可能というわけです。
データ容量の規制は、そもそも混雑状況回避のために設定されているので、大容量を一気に使われるのはどのポケットWiFiであっても困るというわけです。みんなが繰り越した容量を一気に使ったら回線が遅くて繋がらない、なんて状況にもなりかねませんからね。

繰り越しを気にしなくもいいポケットWiFi

気にしなくてよい

WiMAX系のギガ放題プランであれば、そもそも月の制限がないので、データ容量の繰り越しの心配は無用です。
3日間の通信量が合計10GB以上になると、翌日18時から深夜2時頃まで、約1Mbpsに減速するというルールはありますが、月間の容量に比べたらかなり緩い縛りです。
繰り越しするために節約、なんてことを考える必要すらないので、気にせず利用したい人にとってはかなりお得だと言えます。

データ容量の繰り越しができるポケットWiFi

できる

データ容量の繰り越しが可能なポケットWiFiも存在します。それは「格安SIM」と呼ばれる物です。
格安SIMなら、例えば今月の使用料が200M余った場合、翌月に普段の1G制限に加えて200Mを利用できます。つまり合計で1.2Gの利用が可能ということです。
しかし、格安SIMの場合、元々の容量が月に1GB~10GB程度と、WiMAX系に比べるとかなり少なめです。通信速度も圧倒的に遅く、デメリットが存在します。その分月々の料金が安いというメリットがあるのでどちらを選ぶかはその人次第ということになるでしょう。

月額・発送の速さ・おトク度、どれをとってもピカイチ!Broad WiMAX

Broad WiMAXはポケットWiFiの中でも月額料金が最安級に安いWiMAXとして知られています。

Broad WiMAXのおすすめポイント

  • 月額が安い

  • 口座振替の支払いに対応

  • 即日発送&即日店舗受取可

  • 8日間キャンセル無料

  • 現金7,000円キャッシュバック!

  • 他社から乗り換えで19,000円キャッシュバック

月額が安い上に痒い所に手が届くサービスを行っており、オススメ度No.1です。
最短即日発送で急いでいる方にもオススメです!

4GLTEが使えるので、今までWiMAX回線がエリア外だった地域でも使えます。

現金7,000円キャッシュバックに加え、

他社から乗り換えの場合はさらに19,000円キャッシュバック実施中です。

  • 人気度
  • 月 額
    2,090
  • 特 典
    26,000円
    キャッシュバック
  • 発送の早さ
    最短当日受取可
  • 支払方法
    口座振替・
    クレジットカード
公式サイトはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

当日受取可、月額最安値ならBroad WiMAX

詳細はこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

高額キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB。

詳細はこちら